投資のヒント

つみたてNISAを始めるべき、5つのメリット


つみたてNISAは、投資初心者が、ローリスク資産を増やしたい場合に、

最適の仕組みです。


なぜなら、つみたてNISAは、投資初心者でも安心して資産運用できるために、

金融庁によって作られた仕組みだからです。

この記事では、つみたてNISAを始めるべき、5つのメリットをご紹介します。


10秒でわかる、つみたてNSIA、5つのメリット


1 少額から始められる


(年100円〜40万円まで)

2 ほったらかしでも、長期投資で元本割れリスクが少なくなる


(20年の非課税で、元本割れがしにくくなる。複利効果も見込める。)


3 金融庁の厳選した商品のみなので、安心


(厳しい基準をクリアした安心な投資信託)


4 分散投資で、価格変動リスクを減らせる


(一定額を積み立てることで、安い時は多く、高い時は少なく買える。)


5 つみたて方法が選べる


(毎月の積み立て額、ボーナス月のみ増額など、自由に選べる。)



つみたてNISAのメリット1 少額から始められる


つみたてNISAの最低投資額は、年間100円です。


投資には、まとまったお金が必要だと思っている方が多いかもしれません。


つみたてNISAでは投資信託や、ETFなどの商品に投資します。これらは

最低投資金額が100円なので、このような低価格から投資を始められるのです。



ちなみに、最高投資額は、年間40万円になります。



自分の無理のない範囲から、気軽に投資を始められるのは、

つみたてNISAのメリットの一つですね。


つみたてNISAのメリット2 ほったらかしでも、長期投資で元本割れリスクが少なくなる


つみたてNISAの非課税期間は、20年あります。

この20年の間、投資信託やETFに対する売却益や分配金にかかる税金が非課税になります。



また、投資信託やETFの中には、分配金は分配されず、商品に再投資されるものがあります。

そういった商品は、価値が年々上昇していくものが多いです。


利息に利息がつく福利効果が発揮されるのです。




NISAの5年間という短期運用では、元本割れする可能性もあります。


しかし、つみたてNISAでは、20年という長期運用ができるので、

元本割れする可能性が少なくなります。



1985年以降の各年に、毎月同額ずつ国内外の株式・債券の買付けを行ったものです。各年の買付け後、保有期間が経過 した時点での時価をもとに運用結果及び年率を算出しています。これは過去の実績をもとにした算出結果であり、将来 の投資成果を予測・保証するものではありません。



つまり、つみたてNISAなら、ほったらかしでも、

元本割れにはなりにくく資産が増えていきやすいのです。


つみたてNISAのメリット3 金融庁の厳選した商品のみなので、安心


つみたてNISAに投資できる商品は、全て金融庁のお墨付きです。

厳しい審査を経ているので、安心です。

例えば、インデックス投資信託の場合、

  • 信託期間が無期限または、20年以上であること

  • 販売手数料、解約手数料、口座管理手数料は0円であること

  • 金融庁へ届け出がされていること

  • 国内資産を対象にする商品の信託報酬は0.5%以下であること

                         etc…


これらの厳しい基準を満たした商品のみが、つみたてNISAで選べるようになっています。

つまり、金融庁のお墨付きを得た、安心の商品に投資できるのです。


つみたてNISAのメリット4 分散投資で、価格変動リスクを減らせる


つみたてNISAで投資できる商品は、投資信託やETFなど、分散投資ができるものに限られます。


分散投資のメリットは、価格変動のリスクを抑えることが出来る、ことです。

分散には、3種類あります。


・国内、先進国、新興国など、地域の分散


・一括購入ではなく、毎月購入することによる、時間の分散


・株式と債券に投資する、商品の分散


3種類の分散が、高いパフォーマンスを発揮します。

価格変動のリスクを、分散によってお互いに補完し合うことが出来るのです。

各計数は、毎年同額を投資した場合の各年末時点での累積リターン。 株式は、各国の代表的な株価指数を基に、市場規模等に応じ各国のウェイトをかけたもの。 債券は、各国の国債を基に、市場規模等に応じ各国のウェイトをかけたもの。



つみたてNISAのメリット5 つみたて方法が選べる



つみたてNISAは、つみたて金額が自由に決められ、いつでも解約、中断、現金化することもできます。

その際の手数料も0円です。


つみたてNISAの投資限度額は、年間40万円です。

なので、最高で、毎月3万3000円程度づつ投資できます。

もちろん最低金額の100円から始めることもできます。

また、ボーナス月のみ、増額することもできます。

ただし合計金額は、年間40万円までです。

毎月のつみたてを上手く使えば、時間の分散によって、

安い時に多く、高い時に少なく、購入できます。

それにより、高値で買ってしまうというリスクを最小限にすることができ、

購入平均価格を大きく下げられるのです。

 

まとめ


つみたてNISAには、投資初心者でも、ローリスクで資産を増やせる5つのメリットがあります。

  1. 少額から始められる

  2. ほったらかしでも、長期投資で元本割れリスクが少なくなる

  3. 金融庁の厳選した商品のみなので、安心

  4. 分散投資で、価格変動リスクを減らせる

  5. つみたて方法が選べる


この他にも、つみたてNISAの目玉である、

20年間は投資で得られた利益が非課税になるという、最大のメリットも忘れてはいけません。

ローリスクですが、確実に資産を増やしたい人に、

つみたてNISAは最適です。

ぜひ、つみたてNISAを始めましょう!

新NISAの変更点まとめ前のページ

預金でお金は増えないので資産運用したいが不安…次のページ

ピックアップ記事

  1. 投資方針
  2. 父が娘に伝える自由に生きるための30の教え
  3. 預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。
  4. 本気でFIREをめざす人のための資産形成入門

関連記事

  1. 投資のヒント

    iDeCoとつみたてNISAはどう違う?個人年金にはどちらが良い?

    iDeCo(イデコ)とつみたてNISA、似ているようで異なる資産運用…

  2. 投資のヒント

    預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。

    老後資金や住宅費、教育費など、生きていく上で何かとお金はかか…

  3. 投資のヒント

    投資信託とは?ETF?インデックス、アクティブなどの違いをわかりやすく解説

    世の中には、数多くの投資商品があります。投資信託、ETF、アクティブ…

  4. 投資のヒント

    SBI証券、楽天証券。証券口座を開くなら、どっちが良い?

    個人投資家からの人気が高い、SBI証券 と 楽天証券。どっち…

  5. 投資のヒント

    NISAとつみたてNISAの違いとは?差が出る資産運用

    「資産運用を始めてみたい!」と思っていても、「NISA」と「つみたて…

  6. 投資のヒント

    預金でお金は増えないので資産運用したいが不安…

    老後資金や住宅費、教育費、生きていく上で何かとお金はかかるも…

カテゴリー

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 投資方針
  2. 父が娘に伝える自由に生きるための30の教え
  3. 本気でFIREをめざす人のための資産形成入門
  4. 預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。
  1. 投資に役立つ本

    本気でFIREをめざす人のための資産形成入門
  2. 投資のヒント

    SBI証券、楽天証券。証券口座を開くなら、どっちが良い?
  3. NISA

    iDeCoとつみたてNISAで老後資金3000万円は作れる!
  4. 投資のヒント

    iDeCoとつみたてNISAはどう違う?個人年金にはどちらが良い?
  5. 投資のヒント

    預金でお金は増えないので資産運用したいが不安…
PAGE TOP