iDeCo

自分年金として注目されている、iDeCo(イデコ)とは?


老後の資金が心配だと思っていても、iDeco(イデコ)について詳しく知っている方は、少ないはずです。


しかし、これは老後の資金問題を解決するために必須の制度です。


そのため、この記事では「iDeCo(イデコ)」を分かりやすくご紹介していきます。

簡単に言えば、

iDeCo(イデコ)とは、
老後の資金作り支援のため、
手厚い税制優遇を受け、「じぶん年金」を作る制度。


iDeCo(イデコ)がどのような制度なのか、わかりやすく解説します。



10秒でわかる、iDeCo(イデコ)の概要

出所:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/kyoshutsu/ideco.html


iDeCo(イデコ)は、老後資金造りのための支援制度です。


毎月一定額を自分でつみたてて、投資商品を運用し、

老後資金を自分で作る年金制度。

手厚い税制優遇があるので、複利の力で資産を有利に増やしていくことができます。

毎月のつみたて額は全額所得控除、運用中の税金も0、給付時も税金が控除されます。

また、老後資金なので、受け取れるのは60歳以上からになります。


毎月のつみたて額


毎月のつみたて額ですが、雇用によって異なります。

公務員月12,000円以内
会社員(企業型年金あり)月12,000円〜20,000円以内
会社員(企業型年金なし)月23,000円以内
専業主婦(夫)月23,000円以内
自営業者月68,000円以内


こちらは、それぞれの上限額ですが、iDeCo(イデコ)には最低積立額もあります。

月5000円が最低掛金です。

事情があり最低額も払えない場合は、一旦停止することも可能です。



また、1年に1回だけですが、つみたて額の変更もできます。無理のない範囲から運用を始めて、余裕があれば増やしましょう。


運用対象の商品


iDeCo(イデコ)で運用できる商品は、大きく分けて2種類あります。

  1. リスクは低いがリターンも低い、元本保証型

  2. ミドルリスク、ミドルリターンの、投資信託

iDeCo(イデコ)は積み立てるだけではなく、自分で運用する商品を選ぶ必要があります。


iDeCo(イデコ)は、運用利益が非課税になるお得な制度。

利益の少ない、定期預金や保険をiDeCo(イデコ)で使ってしまうのは、宝の持ち腐れです。

また、iDeCo(イデコ)には口座管理手数料がかかるので、元本保証型商品では手数料負けしてしまい、逆に資産を減らすことになります。



投資信託は比較的リスクの低い安全な商品です。

国内債券型やバランス型、REITなどで資産を分散すれば、元本割れの可能性はグンと減らせます。

むしろ、資産を効率よく増やせるので、おすすめです。


年金資金の受取方法


iDeCo(イデコ)の受け取り方法は次の3種類。

  1. 年金として受け取る

  2. 一時金として受け取る

  3. 年金と一時金の併用で受け取る



口座管理手数料は、iDeCo(イデコ)を開設する証券口座により異なります。

できる限り安いものを選びましょう。

比較的手数料の安い、SBI証券がおすすめです。


少額でも長く続けるとお得


iDeCo(イデコ)は、たとえ少額であっても、長く続ければ続けるだけお得になります。


運用中は税金がかからないので、複利で運用されます。

なので、つみたて期間が長いほど、資産が雪だるま式に増えるのです。

利回り3%で運用した場合の想定であり、結果を保証するものではありません。


3つのケースで元本総額は全く同じです。

しかし、少額であっても長くつみたてた方が、利益が大きくなります。


まとめ


iDeCo(イデコ)は、老後資金作りの強い味方。

ただ貯金するだけでは、お金は貯めるのも大変です。ついつい使ってしまうかもしれません。


iDeCo(イデコ)に預けておけば、基本60歳までは引き出せないので、使ってしまう心配もありません。

しかも、非課税の優遇措置で資産はぐんぐん増えていきます。


あなただけの、「自分年金」を作ってみてください。


SBI証券、楽天証券。証券口座を開くなら、どっちが良い?前のページ

iDeCo(イデコ)を始めるべき、3つのメリット次のページ

ピックアップ記事

  1. 預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。
  2. 父が娘に伝える自由に生きるための30の教え
  3. 投資方針
  4. 本気でFIREをめざす人のための資産形成入門

カテゴリー

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 投資方針
  2. 父が娘に伝える自由に生きるための30の教え
  3. 本気でFIREをめざす人のための資産形成入門
  4. 預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。
  1. 投資のヒント

    iDeCoとつみたてNISAはどう違う?個人年金にはどちらが良い?
  2. 投資のヒント

    預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。
  3. 投資方針

    投資方針
  4. 投資に役立つ本

    はじめての人のための3000円投資生活
  5. 投資に役立つ本

    バカでも稼げる「米国株」高配当投資
PAGE TOP