投資のヒント

SBI証券、楽天証券。証券口座を開くなら、どっちが良い?


個人投資家からの人気が高い、SBI証券 と 楽天証券。どっちの証券会社を選ぶべきか、

それぞれのメリット、デメリットを徹底比較。

証券口座の開き方も、わかりやすくご紹介します。


SBIと楽天の手数料比較


SBI証券、楽天証券それぞれに2つのプランがあります。


1つ目は、1回の約定毎に手数料がかかるプラン。

2つ目は、1日の約定合計に手数料がかかるプランです。

1つ目の、1回の約定毎に手数料がかかるプランは、

SBI、楽天どちらも全く同じでした。


つまり、2つ目の約定合計に手数料がかかるプランに注目して、比較と検討をするべきです。

50万円までなら、どちらも0円ですが、楽天証券は少し割高な印象です。

結論、SBI証券の方が、手数料の面ではお得です。


ポイントが貯まる


SBI証券では、Tポイント、楽天証券では、楽天ポイントがたまります。

また、ポイントが貯まるだけではなく、たまったポイントで投資信託の買付もできるのです。


それぞれ詳しくみていきましょう。

SBI証券では、Tポイントが貯まる、使える


SBI証券では、以下の条件でTポイントが貯まります。

国内株式現物取引Tポイントスタンダードプラン手数料及び現物PTS取引手数料の月間の合計手数料の1.1%相当のポイント
投資信託保有残高Tポイント対象投資信託の月間平均保有額が、
1,000万円未満のお客様に年率0.1%相当のポイント
1,000万円以上のお客様に年率0.2%相当のポイント
金・プラチナ・銀取引Tポイントスポット取引手数料、および積立買付手数料の月間合計手数料の1.0%相当のポイント
新規口座開設期間限定Tポイント一律100ポイント
国内株式入庫Tポイント1回の移管入庫につき100ポイント
(異名義からの移管は対象外)



特に注目すべきは、投資信託を保有しているだけで自動でTポイントが溜まっていくことです。

投資信託の種類によって、年率は変わりますが、保有しているだけでTポイントが貯まるのは、お得ですね。



また、溜まったTポイントを、投資信託の買付に利用することもできます。

1ポイント一円分として、投資信託の買付ができるのです。

下限も上限もありません。


投資信託の保有で貯まったポイントを。投資信託の買い付けに利用できるので、複利の力も相まって雪だるま式に資産が増えていきますね。

Tポイントを利用していればSBI証券がお得です。


楽天証券では、楽天ポイントが貯まる、使える


楽天I証券では、以下の条件で楽天ポイントが貯まります。

国内株式取引楽天ポイント手数料の100円毎に1ポイント
投資信託保有残高楽天ポイント対象投資信託の月間平均保有額が、
10万円毎に4ポイント
外国株取引楽天ポイント手数料の100円毎に1ポイント
紹介プログラム楽天ポイント総合口座・iDeCoを紹介すると、
それぞれ200ポイント
個人向け国債楽天ポイント買い付け金額3万円毎に1ポイント


楽天ポイントの還元率は、SBIほどよくありません。

ポイント目当てではなく、取引の度に少しずつ貯まる程度です、


楽天ポイントも、投資に使えます。

SBIとの違いとして、投資できる商品の種類が多いです。

  • 投資信託の購入・つみたて

  • 国内現物株式の購入


    などです。


普段、楽天のサービスを使っている方には、楽天証券が良いでしょう。

しかし、それほど使っていない方には向きません。楽天ポイントの還元率はSBIのTポイントほどではないからです。


ポイントの還元率なら、SBI証券がおすすめです。

Tポイントを普段使わなくても、貯まったポイントで投資信託を買い足せるので、身銭を切らずに複利の力で投資残高がどんどん膨んでいきます。


SBI証券と楽天証券の金利


SBI証券の金利は、2020年10月時点で、

普通預金の場合、0.001%

SBIハイブリッド預金の場合、0.01%になります。

SBI証券の良いところは、毎月利息が受け取れることです。



楽天証券は、楽天銀行の口座と結びつけることで、

金利が0.1%になります。


金利だけで見ると、楽天証券がお得ですね。

メインバンクが楽天銀行なら良いかもしれません。

しかし、証券口座として考えるなら、現金は一時的でそれほど大金を預けるわけではないので、金利はどちらも同じようなものですね。


SBIと楽天証券の取り扱い商品


それぞれの証券会社の外国株式や取り扱っている投資信託の数などを比較していきます。

SBI証券の取り扱い商品


SBIの外国株の取り扱いは、9カ国もあります。

  1. 米国
  2. シンガポール
  3. タイ
  4. ベトナム
  5. マレーシア
  6. インドネシア
  7. 中国
  8. ロシア
  9. 韓国

最大9カ国もの国に投資することができます。

また、SBIのメリットとして、外貨のまま資金を保持できることがあります。

SBI銀行の口座があれば、外貨のまま口座に預けることができ、証券口座に入金も可能です。

外貨のまま保持できるメリットは、両替せずにその国に再投資できる、ルートの良い時を選んで両替できるので、為替リスクを減らすこと、の2つ

また、SBI証券で取り扱っている投資信託は、令和2年10月時点で、2690本

これだけあると、逆に選ぶのに困ってしまうかもしれませんね。


楽天証券の取り扱い商品


楽天の外国株の取り扱いは、6カ国あります。

  1. 米国
  2. シンガポール
  3. タイ
  4. マレーシア
  5. インドネシア
  6. 中国

SBIと比べると3カ国少ないですが、ロシアや、特に韓国はカントリーリスクが高いので、投資すべきではありません。

なので、あまり影響はないですね。

ベトナムに投資したいかどうかで、SBIか楽天を選びましょう。

ちなみに、楽天証券の取り扱っている投資信託の数は、令和2年10月時点で、
2667本

SBIと比較すると、23本少ないですが、そもそもの母数が多いので、
あまり気になりません。

2667本もあれば、投資信託を選ぶのには困らないでしょう。


まとめ


SBI証券のメリットは、

  1. 手数料が楽天と比べて安い
  2. T ポイントの還元率が良く、投資信託の購入もできる
  3. 9カ国に投資できる
  4. 外貨のまま資金を保持できる

楽天証券のメリットは、

  1. 楽天ポイントが貯まる、使える
  2. SBIと比べて、金利が高い


それぞれのメリットを比較して、証券会社を選んでみてください。

どちらの利点も活かすために、両方を開設するのもありですね。

つみたてNISAとは?投資初心者は知らなきゃ損!前のページ

自分年金として注目されている、iDeCo(イデコ)とは?次のページ

ピックアップ記事

  1. 投資方針
  2. 預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。
  3. 父が娘に伝える自由に生きるための30の教え
  4. 本気でFIREをめざす人のための資産形成入門

関連記事

  1. 投資のヒント

    預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。

    老後資金や住宅費、教育費など、生きていく上で何かとお金はかか…

  2. 投資のヒント

    投資信託とは?ETF?インデックス、アクティブなどの違いをわかりやすく解説

    世の中には、数多くの投資商品があります。投資信託、ETF、アクティブ…

  3. 投資のヒント

    つみたてNISAを始めるべき、5つのメリット

    つみたてNISAは、投資初心者が、ローリスクに資産を増やしたい場合に…

  4. 投資のヒント

    iDeCo(イデコ)を始めるべき、3つのメリット

    iDeCo(イデコ)は、投資初心者が、ローリスクに老後資金を…

  5. 投資のヒント

    新NISAの変更点まとめ

    2024年から、NISAの仕組みが大きく変わります。①NISA、つみた…

  6. 投資のヒント

    預金でお金は増えないので資産運用したいが不安…

    老後資金や住宅費、教育費、生きていく上で何かとお金はかかるも…

カテゴリー

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 投資方針
  2. 父が娘に伝える自由に生きるための30の教え
  3. 本気でFIREをめざす人のための資産形成入門
  4. 預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。
  1. 投資のヒント

    iDeCoとつみたてNISAはどう違う?個人年金にはどちらが良い?
  2. 投資のヒント

    新NISAの変更点まとめ
  3. NISA

    iDeCoとつみたてNISAで老後資金3000万円は作れる!
  4. 投資のヒント

    SBI証券、楽天証券。証券口座を開くなら、どっちが良い?
  5. 投資に役立つ本

    難しいことは分かりませんが、お金の増やし方を教えてください!
PAGE TOP