投資のヒント

預金でお金は増えないので資産運用したいが不安…


老後資金や住宅費、教育費、生きていく上で何かとお金はかかるものです。

しかし、ただ預金しているだけでは、お金は増えてはいきません。


資産運用するにしても、投資をやったことがなく、元本割れしてしまわないか不安。


結局どうしたら良いのか、お悩ではありませんか?



預金のままでは、資産は増えるどころか減っていく


銀行の定期預金は、普通預金に比べると金利は高めです。


それでも、約0.002%ほどしかありません。


もちろん銀行によって、多少の差はありますが、大体こんなものです。


年利0.002%の場合、100万円を1年間預けて、たったの20円にしかなりません。


100万円が、100万20円に増えた!と思われるかもしれませんが、


それは間違いです。


インフレが考慮されていません。日本の2010年代の平均インフレ率は、0.5%でした。


つまり、一年で0.5%づつ物価が高くなっていく、言い換えるとお金の価値はそれだけ目減りしていくのです。


これを踏まえると、100万円から一年で5000円の価値が失われていると考えられます。



年利0.002%の金利があっても、

実際には、99万5020円に、むしろ減ってしまっていると考えられます。


もちろん、あなたの定期預金の残高は100万20円です。しかし0.5%の物価上昇によって、実際には99万5020円の価値しかないという意味です。



つまり、定期預金ではお金は増えるどころか減ってしまうのです。

いきなり株や外貨を始めても、リスクが大きく、元本割れの可能性も。


かといって、知識や経験もなく、個別株や外貨に手を出してしまっても、

良いことはありません。


リスクが大きく、元本割れしてしまうかもしれません。

外貨の場合、為替リスクがあるので、日本円に戻したら元本割れ、なんてこともあります。

投資初心者が知識や経験も無しに、個別株や外貨に手を出すのは、お勧めできません。

つみたてNISAなら、長期・分散・つみたて投資で、初心者でも安全に資産を増やせる


つみたてNISAとは、年40万円までの投資信託やETFへのつみたて投資を促進する制度。20年間、投資利益にかかる課税が0円になります。

つみたてNISAなら、安全に、しかも確実に資産を増やせる3つの理由。

  1. 長期・分散・つみたて投資で、元本割れなく増やせる

  2. 毎月最低100円という少額から始められる

  3. 金融庁が厳選した投資信託とETFなので、安心20年の非課税付き。


1. 長期・分散・つみたて投資で、元本割れなく増やせる


つみたてNISAは、長期・分散・つみたて投資を可能にし、資産を元本割れなく増やすための制度です。

つみたてNISAの非課税期間は20年です。その間分配金などにかかる税金が非課税になります。

もちろん非課税期間以降も、投資商品を保有し続けることができます。

長期的に運用することで、トータルで見ると資産が増えていきます。

分散投資ができることが、つみたてNISAの魅力の一つです。

投資できる商品は、インデックス指標(日経平均株価やTOPIX)などに連動する投資信託や、ETF(投資信託の中でも上場しているもの)に限ります。

投資先を分散することができ、元本割れしにくくなります。


また、つみたてNISAは、年40万円まで投資できます。

これも一気に40万円投資するのではなく、毎月約3万円ほど投資つみたてをすることで、安い時は多く、高い時は少なく購入できます。

結果、高値掴みを防ぎ、コストパフォーマンスが高くなります。



2. 毎月最低100円という少額から始められる


つみたてNISAは、毎月の最低投資額が、100円からになっています。

個別株のように、大きなお金を用意する必要はありません。


少額から安心して始められるのが、つみたてNISAの魅力の一つです。


3. 金融庁が厳選した投資信託とETFなので、安心20年の非課税付き。


つみたてNISAで投資できる商品は、金融庁が厳選したもののみです。

投資できる商品は、インデックス指標(日経平均株価やTOPIX)などに連動する投資信託や、ETF(投資信託の中でも上場しているもの)に限ります。

これ以外にも、長期・分散・つみたて投資に見合うかどうかの厳しい基準に合格していなければなりません。

金融庁のお墨付きを得た投資商品なので、安心して投資できます。


また、20年の非課税期間があるので、その間の分配金などは、非課税になります。

早く始めれば始めるほど、お得


長期・分散・つみたて投資は、何より時間がものを言います。

なので、早く始めれば始めるほど、お得になります。

5年という短い期間では、元本割れすることもありますが、



20年という長い期間で、つみたて投資をすることで、元本割れなく、確実に資産を増やすことができます。


できるだけ早いうちに始めましょう!

証券口座とつみたてNISAの開設


つみたてNISAを始めるには、証券口座を開くことが必要です。

その証券口座の中に、つみたてNISA口座という別枠を作るイメージになります。

つみたてNISAを始めるべき、5つのメリット前のページ

投資信託とは?ETF?インデックス、アクティブなどの違いをわかりやすく解説次のページ

ピックアップ記事

  1. 父が娘に伝える自由に生きるための30の教え
  2. 投資方針
  3. 預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。
  4. 本気でFIREをめざす人のための資産形成入門

関連記事

  1. 投資のヒント

    つみたてNISAを始めるべき、5つのメリット

    つみたてNISAは、投資初心者が、ローリスクに資産を増やしたい場合に…

  2. 投資のヒント

    SBI証券、楽天証券。証券口座を開くなら、どっちが良い?

    個人投資家からの人気が高い、SBI証券 と 楽天証券。どっち…

  3. 投資のヒント

    iDeCo(イデコ)を始めるべき、3つのメリット

    iDeCo(イデコ)は、投資初心者が、ローリスクに老後資金を…

  4. 投資のヒント

    預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。

    老後資金や住宅費、教育費など、生きていく上で何かとお金はかか…

  5. 投資のヒント

    NISAとつみたてNISAの違いとは?差が出る資産運用

    「資産運用を始めてみたい!」と思っていても、「NISA」と「つみたて…

  6. 投資のヒント

    投資信託とは?ETF?インデックス、アクティブなどの違いをわかりやすく解説

    世の中には、数多くの投資商品があります。投資信託、ETF、アクティブ…

カテゴリー

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 投資方針
  2. 父が娘に伝える自由に生きるための30の教え
  3. 本気でFIREをめざす人のための資産形成入門
  4. 預金でお金は増えないので、運用したいが元本割れが怖い。
  1. 投資に役立つ本

    父が娘に伝える自由に生きるための30の教え
  2. 投資のヒント

    NISAとつみたてNISAの違いとは?差が出る資産運用
  3. iDeCo

    自分年金として注目されている、iDeCo(イデコ)とは?
  4. 投資に役立つ本

    本気でFIREをめざす人のための資産形成入門
  5. 投資のヒント

    つみたてNISAを始めるべき、5つのメリット
PAGE TOP